Category: 海外旅行

201201-04

ドイツからスイスへ

ドイツもスイスも、たくさん、古城がある国。
その数は、正確にはわからないそうですが、数千以上はあるとのこと。
個人所有のものもあり、別荘がわりに利用をしているのかしら。

ドイツの続きで、スイスのとなりにある、リヒテンシュタイン公国へ。
ここでは、切手やコインなどの製造技術が優れているとか。。
各国の切手やコインの展示がありました。

そして、ビジネスの1つに入国スタンプを有料で押してくれるサービスなどもありました。


その後、インターラーケンへ。景色は冬景色。
明日は、ユングフラウヨッホ山頂へ行く予定。本当にいけるのかしら。



201201-05

3日目・ノイシュバンシュタイン城

朝から、天気は荒れていて、世界遺産のヴィース巡礼教会は、開いておらず。


そのまま、スルーして、ノイシュバンシュタイン城へ。
この城、説明によると、ディズニーのお城のモデルになったそうです。
城内は、撮影禁止。ガイドブックを買ってね。ということらしい。

天気もわるく、改装工事中ともあり、外からの景色は堪能まではできませんでしたが
見応えある広さでした。
天気もわるく、山の上の城までのバス運行は中止。
そのため、20分近く歩いて、お城まで移動。すこし、つらい道のりでした。



3日目、トラブル発生!モバイル通信は快適

朝の準備をしていると、突然、ブレーカーが落ちて暗闇に。。
あらら、奥様のドライヤーが原因。
日本のドライヤーは、100Vがほとんどで、海外の電圧には対応しておらず、壊れてしまいました。
10分ぐらいして、電気は回復。また、ひとつ、経験です。

日本に帰ってしらべてみたのですが、なかなか、100-240VAの女性用のドライヤーって、
売っていないものです。次回は、電圧変換器をもっていかないと。。

こちらの朝は、8時をすぎても、まだ、暗い。
停電が重なると本当になにもみえない。もっててよかった懐中電灯。
携帯電話。iPhone、キーホルダーの電気など、身近にいろいろあるものです。

携帯電話は、まずは、T-Mobile がつながり、イーモバイルの1日定額でばっちり。
理屈では、定額とわかっていても、少し、つなぎっぱなしが怖いなあ。
明日、料金チェックしておかないと。。



201201-03

ハイデルベルク・ローテンブルク

お城と城下町。
日本語の上手な写真屋さん。入り口で撮影して、帰り道に販売。
ものすごい早業。画質をみていると、カラーコピーでもしている感じ。

ツアーのみんなと集合写真をとることは、早々ないだろうからと、1000円程度の写真を購入。
添乗員さんと、カメラマンさんは顔なじみみたい。こういう仕事もあるんだなあ。。

よく、遊園地やリフトに乗ると、買うかどうかわからないのに、記念撮影をするサービスがあるが
買っている人の数と、並んでいる写真の数をみていると、元がとれているのか、不思議。
ほしい人はとても大切なものになり、いらない人には、気にもとめないものになる。
きっと、デートや家族旅行なら買うかもしれないけど。。普段から写真とっているひとには、あまり
買わないかも。なにか、確率的なものがあるのかしら。



201201-02

日本人のお店の民芸店

ハイデルベルクと、ローテンブルク。
いづれも観光はあるけど、ツアーにはつきもののお土産物やさんへの立ち寄り。

お店にとっては、大事なお客さんを連れてきてくれる重要な役目の添乗員さん。
いつも、どこでも、添乗員さんは、名前を書いて、商品を買うときには添乗員の名前を確認。

お店では、免税の説明があり、トイレが利用できますという特典(無料で利用)
今回は、いづれのお店も、日本人がいて、日本語で説明。
時期にもよるが、普段から大勢の日本人が行き来するような感じ。
しばらくすると、別のツアー客も同じく利用。

ここのお店は、日本人のツアー客を相手に商売している感じなのかしら。
店員は3-4名・・・・

ここでは、ドイツのワインや、爪やすり、刃物などが有名らしい。
あと、信号機のマークのアルトマンのキーフォルダーも発見。
あまり、みかけないので、ジュースぐらいの値段のワインを購入。

そういえば、秋葉原で、中華資本の入った電気屋さん(LAOX)などは、逆のバージョン
なんだろうなあ。昔は、金持ち顧客相手だったのが、最近は中間層の旅行客がふえて
マツキヨなどが新店舗をだして繁盛しているとか。
いろんな業界、会社が旅行客を相手にビジネスチャンスとなるのかしら。



フランクフルト到着そしてホテルへ

ドイツの旅行ははじめて。
いつも、はじめての空港は、空気の違いがわかるのですが、今回はあまり感じず。

そのまま、バスでホテルに移動。
本格的なツアーは明日から。しばらくは、城下町をバスで移動。

それにしても、ヨーロッパには、お城や城下町はたくさんあるなあ。
個人所有から世界遺産まで、明日は、楽しみです。

結局カメラは、小さいカメラを持参。一眼レフはお預けで、2台体制で撮影です。
ホテルに到着まではよかったのですが、あれ?夜ご飯がない。。

そういえば、成田でレトルトおにぎり。配られていたなあ。。
なんだか、初日は、さみしい、食事、おにぎり2個からのスタートでした。
お湯でも、水でも、おにぎりが作れるようで、非常時には便利そう。
でも、この場に及んでなぜ??という感じです。

こちらのホテルは、夜はロビーも暗く、誰もいないそうです。
日本でいうセコムのような、何か問題があったら、据え付け電話で呼び出しする感じ。
合理的といえば、そうなのですが、駆けつけるまで30分。
内容によっては、まっているのが大変そう。。まあ、御世話にならなければいいことで。



201201-01

今日から旅行

今日は、朝は5時起き。集合は、10時30分なのに、成田空港は遠いイメージ。
リムジンバスでいく?成田エキスプレス?スカイライナー?

結局のところ、便数がおおい、京成スカイライナーでいくことに。
電車移動中に携帯電話から予約ができ、無事乗れた。。

思った以上に綺麗!速い!
体験すると、成田空港が近く感じてしまう。
日暮里か上野まで、たどり着けたら、とてもスムーズに速く成田に行ける感じ。

新しく?できたターミナルも、初めて。といってもいつ頃できたのだろう。
最近は、アジア圏であれば、羽田空港を使うことがおおいので、ほんと成田は久しぶり。

まずは、通貨を両替。
スカイライナーを降りて、改札をでたところに。。
ターミナルにも、数店舗。。。
入国管理をとおったあとにも1店舗。

よくみてみると、とても、幅がある。。数万円交換するだけでも大きくかわってくるなあ。
後から比べたら。。ということになりますが、入国管理をとおったあとの店舗が一番、
安かったなあ。

飛行機にのって、約12時間。
むかしなら、退屈だったのですが、いまの飛行機は、ビデオあり、ゲームありと、
時間つぶしができるものはいろいろあるなあ。
Webチェックインというものが最近では、どこの航空会社も導入しているらしく、
事前にJALなら72時間前に座席予約をWebでできるというもの。
当日、カウンターでお願いすると残り物席だけに。。最悪はばらばらで席を確保する
ことになるようで、パソコンが使えないときついサービスだなあと思いました。
幸い事前予約で、場所は飛行機の一番後ろのふたり席を確保。
太陽がしずみ、夕食。数時間後に朝日がでて、朝食と。なんだか、時間感覚がない
なかで、目的地へ向かうのでありました。



円高だけど円安になるのかな?

旅行に近づくにつれ、どんどん円高に。
そうなると、日本は空洞化になり、産業が海外移転へすすんでいく。

これで、ハッピーとはならず、きっと、どこかで、反転して、円安方向にいくとおもう。
そうなると、日本から輸出をしていたひと(国内に残っていた会社)が少し幸せになる。

ただ、出て行った会社は、また、国内に戻ってくる?
そうこうしているうちに、日本は、貿易支出が赤字続きになり、産業が廃れていく。

結局は、大きな力が為替や政治で上下して、揺さぶられているような感じがするなあ。
これから、日本はどうなっていくのかなあ。
考えても仕方ないかもしれないけれど、 10年、20年前とは大違いの時代になったなあ。

今回の旅行では、働く日本人・海外で・・ という視点でいろいろみたいと思います。
日本人の旅行客もおおいのかな?



お正月

とは、いっても世間はあまり変わらず。
テレビもなんだか、正月らしい番組も減った感じ。
今回は、めずらしく、紅白をみて、普通にお休み。(初詣にもいかず)

元旦早々から、3日から出かけるスーツケースの引き取りがあるため、旅行の準備でばたばた。

うーん。どのカメラもっていこうか。。
治安もあまりよくないのかなあ。。綺麗な写真撮りたいなあ。

と、結局、当日、手持ちで持って行くことにして、スーツケースを見送りました。
最近は、手ぶらで、空港まで行けるので、楽に便利にいけるものです。

それにしても、ユーロ円。ずいぶん、安くなったものだなあ。
1ユーザ 100円計算で、お買い物ができる。といっても、新婚旅行のときの反省をふまえて
お買い物は最小限に。。ついつい、いらないものまで、一杯買ってしまいそう。