Category: 国内旅行

紅葉を探して箱根へ

久しぶりに、でも今回は、初めての電話での箱根。
小田急線のロマンスカーに乗って箱根湯本。そこから電車を乗り継ぎ。。。
今日も、最終目的地は、決まっていません。

まずは、強羅で下車して、公園に。

綺麗なバラや美術館のほうには、紅葉が。。。綺麗です。


箱根美術館から、さらに電車、ロープ-ウェイを乗り継いで、大涌谷へ。




箱根湯本からの標高差の図

乗り物はスイス製だそうです。
ロープ-ウェイの駅から目的地まで徒歩で約15分。
途中、富士山も綺麗にみえます。




山頂近くでは、名物?の黒い温泉卵が増産中?
お土産に、買ってかえりました。



紅葉とカメラテスト

間違っても、カメラテストと家族にはいえないのですが、たぶん、紅葉も綺麗な
鎌倉へいくことに。
お出かけカメラは、PENTAXのQを購入。
ショックなことに、購入翌日からキャンペーンで、5000円のキャッシュバック。
あまりにも、間が悪すぎるなあ。。店員もおしえてくれたらいいのに。。

PENTAXのQは、小さな一丸レフのような感じ。
センサーは小さいので、画質はコンパクトカメラなりとききますが、みてみると
結構、画質は綺麗なものです。




最近は、新規カメラメーカーの参入組も少しつづ、ニュースとなり、あれこれ
新製品から目が離せません。

紅葉には、すこし速かった?のか、塩害なのか、綺麗なもみじには出会えません
でしたが、赤、緑と綺麗な写真がとれました。

ご近所散策をして、少し、おそい昼ご飯?夕ご飯を食べて・・・・
そうこうしていると、雨が降り始めてきたので、早めに帰ることになりました。



高尾山へ

関東に住んで、約20年。
近くて遠い、高尾山。いつも中央線の終点の駅名はみていたけれど。。
ミシュランにも、選ばれた・・・高尾山の猿たちが。。とニュースをみたり。
なにか、気になるところだけど、なかなか、いく機会がなかったのですが
ようやく、出かけることに。。

京都でいえば、大文字山登り?なんて、軽く考えていたら、結構な距離。
ただ、ロープ-ウェイで途中までいけるので、楽なんですが、帰りを全部
歩きでかえってきたら、とてもでない距離でした。


台風の影響で、通行止めの遊歩道もありましたが、帰りは、下りなので、下まで歩いておりることに。
半端ではない、登り坂なんだなあと、山の中をハイキング気分でおりました。

途中、吊り橋があり、山道があり、まだまだ、自然の残るいいところです。

下山して、帰りは近くのおいしいお蕎麦屋さんで遅い昼食をたべて、かえりました。



少し遅い帰省

最近の帰省は、車でいくことがほとんどなくなりました。
片道、約600KMの旅はつらいもので、今回も、新幹線、ローカル線で途中まで
いき、途中から、レンタカーで実家まわり。

やはり、ぜんぜん、違います。

鳥取では、砂丘に、ひさしぶりにいき、帰りは梨園でなしをお土産に購入。

京都では、市内をぶらぶら、植物園では、カワセミに合いました。
身近なところにきれいな鳥がいるもんだなあ。。と、自宅に帰って、近所を探してみようと
思っています。まだ、まだ、暑い日ガ続きます。



隅田川花火大会

今日は、お天気はくもり。
風は東から西へ。。という予報で、雨は降らないみたい。

昼までは、花火を見に行くのは諦めていたのですが、夕方、急にお出かけすることに。。
どのルートをとおっても混んでいることは覚悟のうえで、横浜まわりで、蒲田から本所吾妻橋へ。
蒲田駅は、羽田から浅草線を直通する電車があるので、きっと、空いているだろうという予想で。
うまく、座席に座れて、目的地まで、移動。

今日は、風があるようで、煙のことを考えると、浅草からより川の東からみたほうがいいと思い
なれないところを歩きました。
歩いている途中、花火の音が聞こえてきます。

牛嶋神社のある公園など、うろうろ、高速の高架下も、人で一杯です。
あきらめて、言問橋のある6号線からみることに。。

花火が終了する30分ほどまえに、言問橋に向かって歩き出します。
うまくすれ ば、橋の上でフィナーレになるかなーって。

うまいぐあいに、橋の真ん中でフィナーレ-。見応えたっぷりでした。
写真は何枚かとってみましたが、手持ちで、みんなぶれぶれ。。
今回は、見ること中心で、大きなカメラは持っていかず、コンデジで数枚だけ撮れました。

R0010171 R0010174 

昨年の発表では、90万人少しの人手。
どこも、人ばかりでしたが、帰りは、そのまま、浅草寺を抜けて、浅草駅から帰りました。
境内からでも、結構みえたのかもしれません。
もし、来年いくとしたら、両国か、もうすこし下流から見てみたいと思います。
雰囲気だけ味わえたので、よかったのかなあ。。
それにしても携帯ワンセグで、テレビ東京を見ている人がおおかったです(笑)

今年は、あと花火大会は、10月1日に、多摩川(川崎)で、規模を縮小して開催されます。
http://www.k-kankou.jp/kkanko/modules/hanabi/index.php?content_id=2

いつもは、世田谷区と一緒に開催されているのですが、こちらは中止みたいです。

写真を撮るなら、いい場所取りから・・・という理由は少しわかったような気がしました。
来年の夏は、東北の大曲の花火大会にいきたいなあって思っています。



函館山

本当なら、青森で花火大会、そして、宿泊といきたかったのですが、宿が満室。
かわりに電車移動で、函館山の夜景をみにいきました。
しばらく、海沿いの線路と国道を並行にすすみ、青函トンネル。
19時すぎに函館駅に到着です。

以前にも、行ったことがあったのですが、あんまり、かわっていないみたいです。
早々に、駅前のホテルでチェックインを済ませ、今回は、市バスで、函館山に登ります。
お天気もよく、ばっちり、みることができました。
ただ、写真は、いまいち、綺麗にとれていません。まだまだ、です。。。
カメラ操作と格闘しながら、一番きれいに撮れたのは、携帯カメラかな?って感じです。

この時期には珍しく、いいお天気だったとか、花火大会は次回ということで。

DSC_0707 
DSC_0773 



奥入瀬渓流ホテルと岡本太郎作

今回のねぶたまつりの参加は、奥入瀬渓流ホテルからのオリジナルツアー。
八戸までは、バス(観光バス)でお出迎え。
以外に距離があり、1時間ちかく、天気も晴れから大雨、そして曇り空。

施設のなかには、岡本太郎さんの制作した作品があちこちに。。
DSC_0262 
DSC_0250 
DSC_0259 
DSC_0365 



昼のねぶたと、函館へ

今回は、結構、ハードなスケジュールで、奥入瀬近辺の散歩は、次回ということで
早朝に少しだけホテルの近所を散歩。

ホテルから、往復、約1時間。
DSC_0266 
DSC_0280 
DSC_0305 

とんぼも、随分、人なっつこいです?(笑)

ねぶたまつりは、複数日で開催。最終日の前日の夜は一番沢山みれるとか。
最終日は、審査結果の上位のものを海上でご披露。
そして花火大会だそうです。

昼間も、一部のねぶたは、青森中心部の商店街を歩きます。
夜とは違った見え方がします。
観客は、夜より昼のほうが少し静かだったような。。
昨晩の疲れがでているのかもしれません(笑)

その後、市内の観光名所、青函連絡船やねぶたの歴史や制作行程などがわかるラッセランドなどをぶらり。

夕方には、特急で、青森から函館へ移動です。
予定では、19時すぎには、到着です。近そうで遠い距離感。約2時間すこし。

数年後には、新幹線が函館まで行きます。その頃に、また、行きたいなあ。



東北まつり・ねぶた見学へ

ずっと、行きたいといいながら、計画がたてられなかった、東北方面の夏祭り。
今回は、珍しく、1ヶ月前から行動していましたが、やはり、宿はなく。。満室、満席。

今回は、すこし離れた奥入瀬のホテルが企画している、ねぶたツアーに参加。
奥入瀬から青森市内まで、片道、約1時間すこし。。バスで山道を往復移動します。

見慣れないものがいろいろありました。
すこし、目線が高めになる有料観覧席。
エリアはきまっていますが、細かな場所指定はなし。。団体様専用かしら?
すこし、高さがあり、みやすかったです。

DSC00376 
 
写真をとりはじめて、気づいたこと、行列の並びにパターンがあるような。
すべて、順番があることは、あとから知りました。

大勢の子供から小中高と大人まで、市民参加の家族総出?
各スポンサー企業の社員と家族総出?という感じ。
大勢で、迫力のあるにぎやかなお祭りでした。

上から順番に並び順の資料がありました。
DSC00512DSC00511 
DSC00510 

スポンサーは、地元企業から、市長から議員連盟、メーカーまで、各社のブランドとあわせて
ねりあるきます。

気のせいか、電機会社や飲料メーカーが多かったようような。。
あとの写真はアルバムで。

ねぶたまつり
http://blog.ebi-net.jp/photos/nebuta/



京都祇園祭 山鉾巡行2

同じようにみえる鉾ですが、一番天辺の形が違います。
最初が月鉾、菊水鉾、鶏鉾の順番になります。(多分)

2011年巡行順(山鉾一覧)
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/gion/gion.php?mode=y

撮影は、烏丸御池の交差点からとりました。

DCF00055 DCF00060
DCF00064